ソーニャ文庫

歪んだ愛は美しい。

薔薇は偽りの花嫁
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 7net

薔薇は偽りの花嫁

著者:
柊平ハルモ
イラスト:
鳩屋ユカリ
発売日:
2015/3/3
価格:
600円(税抜)

俺の妻になる覚悟はできたか?

由緒ある伯爵家の令嬢フローラは、父の借金が原因で、野蛮な実業家セオドアに嫁ぐことに。だが、彼はフローラの姉との結婚を望んでいた。姉の身代わりであることに悩み、愛されることはないと思っていたフローラだったが、セオドアは余裕の表情で彼女を翻弄し、執拗に抱いてくる。強引で情熱的、それでいて優しい――そんな彼に次第に惹かれていくフローラ。しかし、ある夜をきっかけにセオドアはフローラを抱かなくなって……?

登場人物紹介

フローラ

フローラ

名家の伯爵令嬢。家の借金を肩代わりしてもらうため、セオドアと婚約することに。

セオドア

セオドア

成り上がりの実業家。フローラの姉を妻にしたいと望んでいたが……。

お試し読み

 羞恥に震えるフローラに、セオドアは容赦してくれなかった。
 彼はそのまま、くちびるをフローラの足の付け根まで這わせていく。
 ──う、そ……っ。
 人に見せられない秘めやかな部分のすぐ傍に、セオドアは顔を近づけてくる。柔らかな肉に隠された蜜口を指で開かれ、そこを見られてしまった。
「あ……っ、や、いや、見ないで……っ」
 荒々しく胸元をはだけられ、足を剥き出しにされるどころか、その奥の秘めた部分まで無遠慮にまさぐられている。
 その指先は、ただ怖かった。
 いくら、偽りの花嫁とはいえ、こんな形で男の人と結ばれることになるなんて、考えてもみなかった。
 触れられているそこが、男の人を迎え入れるための場所だということは知っている。でも、できることならもっと幸福なかたちで結ばれたかった。
「……怖いか?」
 顔を上げ、セオドアは問いかけてきた。視線で、フローラの瞳を探ってくる。
 細められた眼差しは冷たい。憎しみがちらついている気がした。
 憎まれるのは当たりまえだ。フローラは、彼が欲した女性ではないのだから。
 それでも、胸が切り裂かれるような心地になる。
 でもフローラには、彼の妻になるしか選択肢がない。
 フローラのおとがいをつまみ上げ、セオドアは視線を合わせてくる。
「逃げるのなら、今だ。まだ引き返せる」
「……い、いえ……っ」
 フローラは、小さく首を横に振った。
 彼は伯爵家の名を利用するために、結婚するのだと言っていた。でも、本当はフローレンスだからこそ望んだのではないか。
 それでも後に引かないのは、打算か。それとも、意地なのだろうか。
 でも、フローラだって後には引けない。
 伯爵家のために。
 大好きな姉と、初恋の人との幸福を守るために。
「どうぞ、わたしのことは、あなたのお気のすむようにしてください。……そう、申しあげました気持ちに、変わりはないです」
 フローラは、じっとセオドアを見つめかえした。
「……震えているくせに、俺をそんなに真っ直ぐに、ひたむきに見つめるのか」
 ふっとセオドアは息をつく。
「強情な娘だな」
「あなたの妻になると、誓いを立てました。そのお約束を違えたりはしません」
 それ以上、フローラに言えることはない。頑なに、誓いの言葉を繰りかえす。
「偽りの花嫁のくせに、真っ直ぐな目をしている」
「……っ」
 そう、偽りの花嫁だ。
 あらためて、自分の立場を噛みしめる。
 愛されてもいない、花嫁。それでも、フローラはセオドアにすべてを捧げるしかなかった。
「悪くないな」
 小さく笑ったセオドアは、フローラの鎖骨に噛み付いた。
 痛みに身を竦めると、今度は舌で肌を舐められた。
 たっぷりと唾液がのせられていた肉厚のそれは、くちゅ、ぴちゃと淫らな水音を立てた。
「……んっ、あ……!」
 恐れていた場所に、ふたたび指先が触れてくる。思わず、フローラは背を弓なりにしならせた。
「……んっ、ひゃう……んっ」
 セオドアはフローラの足の狭間へと、そのしなやかな指先を差し入れてくる。大きな手のひらが敏感な部分を滑るだけで、フローラは大きく震えてしまった。
 太股を這い、足の間を割った指先が、感じやすい小さな芽に触れると、びくっと腰がはねる。自分のはしたない反応に、フローラはつい涙ぐんでしまった。
 ちょっと触られただけなのに、なぜこんなにも派手に反応をしてしまうのだろう。自分の体だというのに、ままならない。
 大きな親指でさすられただけなのに、はにかむように埋もれたその尖りは、ふるふると震えていた。
「やっ、なに……?」
 触れられたその場所から、強烈な感覚が生じた。全身を貫くような快楽に、フローラは声を上げる。
 今のは、いったいなんだろう。むずがゆいような、じれったい熱が、フローラの体を熱くする。
「……まだ、埋もれているくせに……。もうこんなに敏感なのか」
「……あ、や……ぁ……んっ」
 そこを弄られれば弄られるほど、まるで体の中からなにかが溢れだすような感覚があった。フローラから溢れたそれは、小さな尖りにも伝い、濡らしていく。
 そして、セオドアの指も。
 恥ずかしくて、どうにかなりそうだ。消え入りたい。セオドアに反応している自分の体が、憎くさえ感じた。
 そこは、敏感で熱をたやすく生む場所らしい。指先で弄られているうちに、ぽってりと腫れ上がったかのように膨らんでいく。さらに、下の割れ目に指を這わされ、軽くくすぐられただけで、そこが開いていくのがわかった。
「……あ、だめ、です……、そんなところ……っ」
「駄目、じゃないだろう? これから用がある場所なんだから」
 露骨なセオドアの言葉に、フローラは頬を紅潮させる。
 フローラの国の少女たちは、「なるべく何も知らないように」育てられる。でも、そこを弄られる意味が、セオドアの言葉が理解できないほど、フローラも物知らずではなかった。
「怖がることはない。たっぷり濡れるまで弄ってやるから」
「……あっ、ん……」
 腰が跳ねる。
 まるで、逃げ惑うように。
 でも、セオドアは許してくれない。フローラの体を押さえつけ、なおも指でそこを虐めてくる。
「……あ、ひゃうっ」



Search

キーワード

カテゴリ

キャラ

シチュエーション