ソーニャ文庫

歪んだ愛は美しい。

サボテン王子のお姫さま
  • yondemill

サボテン王子のお姫さま

著者:
八巻にのは
イラスト:
弓削リカコ
発売日:
2016/12/03
価格:
620円(税抜)
 

変人でもいい、好きですよ。

サボテン愛が行き過ぎて、周囲から変人扱いされているグレイス。だがある日、勤務先の眉目秀麗な若社長から突然のプロポーズ!? なんと彼は、昔、サボテンをプレゼントしてくれた幼なじみのカーティスだった! 紳士的なのにどこか強引。何もかもが完璧な彼に昼夜を問わず甘く執拗に求められ、蕩けていく心と身体。けれど、この結婚は贖罪のため!? カーティスの過去と後悔を知ったグレイスは彼を支える決意をするが、とある事件に巻き込まれ――!?

オンライン書店
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 7net
電子書店
  • kindle
  • kobo
  • booklive
  • ehonto
  • e7andy
  • ebookjapan
  • ehonto
  • bookwalker
  • renta

登場人物紹介

グレイス

グレイス

とある事情からサボテンにしか心を開けないまま成長し、今に至る。外見はかわいいのに、中身が残念。

カーティス

カーティス

グレイスの幼なじみ。ずっとグレイスのことが好きなのだが、なかなか伝わらない様子……。

お試し読み

「これはもしかして、マーガレットさまの差し金ですか?」
 そう言ってカーティスがつまみ上げたのは、グレイスが纏っている夜着だ。
 じっと見つめる彼の視線に、グレイスは今更のように煽情的な夜着が恥ずかしくなってくる。
「そうなの、おばあさまがくれたの」
「あなたのおばあさまは策士ですね。その姿は、とても素敵だ」
 カーティスの囁きに鼓動が大きく跳ね、グレイスの思考が一瞬止まる。
「でもその、私あまり色気がある方じゃないと思うけど。胸も大きくないし」
 口から飛び出したのはそんな言葉で、自分で言いながら少し悲しくなる。
 グレイスは幼い頃から食が細く、胸や腰の肉付きがあまりよくない。
 女らしさがないわけではないが、女性にしては短い髪のせいで、少し前まで少年と間違われることもあったくらいなのだ。
「胸の大きさだけで、女性の魅力は語れませんよ」
「それは、まっすぐなサボテンより、造形に癖のあるサボテンの方が素敵だと思うのと一緒?」
「あなたのたとえは独特すぎます」
「私はむしろサボテンにたとえないと理解できなくて」
「わかりました。それでは、あなたにもわかりやすいように、丁寧に説明して差し上げましょうか」
 言うなり、カーティスは夜着の上からグレイスの胸の頂に優しく触れる。
 それから唇を優しく舐められると、身体の奥から少しずつ、甘い疼きと熱がこみ上げる。
「……んっ…ッ」
 触れられただけなのに胸が痺れて、グレイスの頂は少しずつ硬くなっていく。
「確かに胸の膨らみはほどほどですが、こうして硬く勃つ頂は大変愛らしい」
 薄い夜着をずり上げ、今度は直にカーティスの指が触れる。
「大きさは関係ありません。こうして私に応えてくれる胸は、とても魅力的です」
 カーティスの右手に直接胸を揉まれると、先ほどよりずっと疼きが高まってしまう。
 それを見抜いたように、カーティスの声がどこか嬉しそうに弾んだ。
「感じてくれているんですね」
 右手で片方の胸を優しく揉み上げながら、カーティスは胸の頂にそっと舌を這わせた。
「……ふぁっ…あっ……だめ…」
 指がもたらすのとはまったく違う、ざらりとした感触が肌の上を滑ると、グレイスの喉が大きく反った。
「だめと言いながら、どんどん硬くなっていますよ」
 恥ずかしい台詞を挟みながら、カーティスがグレイスの胸を優しく吸い上げた。
「そこ…やめ…」
 そのまま前歯で優しく食まれると、やめてと懇願する声がひときわ大きくなる。
 甘い吐息混じりの声と共に、胸の上を撫でるカーティスの前髪を遠ざけようと彼に触れたけれど、いざ髪に指を差し入れてみると、遠ざけたいのか引き寄せたいのかわからなくなってしまう。
 胸を舐められることも、そのたびに響く淫らな水音も恥ずかしくてたまらないのに、身体の奥から広がる痺れは気持ちよくて、それを失いたくないと思ってしまうのだ。
「カーティス……だめ……」
 言葉では抵抗しながらも、グレイスの腕は抱き寄せるようにカーティスの頭に回されていた。
 指で彼の柔らかな髪を撫でていると、カーティスの舌使いはよりいっそう激しくなる。
「んっ…やぁ…ああっ…あっ…」
 舌で嬲られ、指でしごかれ、頂だけでなく、胸全体を形が変わるほど揉まれると、戸惑いや拒絶の言葉はやがて消えていく。
「…いいっ…あ……ンッ」
 巧みな舌や指によって快楽を引き出されていると、なぜだか触れられてもいない腰まで震えてしまう。
 言うことを聞かない身体にわずかな恐怖を覚えていると、カーティスの腕が愉悦に震えるグレイスの腰を強く抱き上げる。
 そのまま、グレイスをうつぶせにすると、カーティスはその無防備な腰に舌を這わせ始めた。

関連書籍



Search

キーワード

カテゴリ

キャラ

シチュエーション