ソーニャ文庫

歪んだ愛は美しい。

堅物騎士は恋に落ちる

堅物騎士は恋に落ちる

著者:
秋野真珠
イラスト:
国原
発売日:
2017/02/03
価格:
620円(税抜)
 

君は本当に、俺のことが好きなのか?

父から結婚相手を見つけるよう命じられたクリスタ。どうしても結婚したくない彼女は、男に手酷く振られて、立ち直れないことにすればいいと思いつく。ターゲットは社交界で一番人気の騎士ゲープハルト。彼に一目惚れしたと見せかけて、彼の嫌がることを繰り返し、嫌われることに成功する。それなのに、なぜか結婚することに!? 生真面目で優しい彼を本気で好きになっていた彼女は、苛立ちを露にした彼に激しく抱かれ、過去の行いを後悔するのだが……。

堅物騎士と“おひとりさま”令嬢、
結婚回避の攻防戦!

オンライン書店
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 7net

登場人物紹介

クリスタ

クリスタ

侯爵令嬢なのに、農作業好き。結婚したら農作業ができなくなるので、ずっと独り身でいたいと考えている。

ゲープハルト

ゲープハルト

生真面目な騎士。クリスタとは正反対の、大人しくて控えめな女性が好みだったが……。

お試し読み

「君が望んだことだろう」
「……っ」
 俯いていた肩が揺れて一瞬ゲープハルトを捉え、視線がぶつかると、また俯いた。
 ゲープハルトは礼服の上着を脱ぎ、部屋にある三人掛けのソファに放り投げた。そのままシャツの襟元を広げ、脱いだシャツを同じ場所に投げる。
「いつまでそこに立っているつもりだ。まさか一晩中そこにいるのか?」
 ゲープハルトは言葉を改めることをやめた。
 クリスタは侯爵家の令嬢だけれど、今日、自分の妻になったのだから。
 気遣う余裕がないことも自覚している。
 ゲープハルトは、整えていた自身の髪に手を入れて、搔き回した。
 自分の格好が、これ以上ないほど乱れているのはわかっている。そのことにクリスタが目を泳がせて、怯えていることも見ればわかる。
 だからあえてそうした。
「……ゲープハルト様」
 久しぶりに聞いたクリスタの声は、微かに震えていた。
 あの元気の良さと、止められない勢いは、いったいどこへ捨ててきたのだろう。
「クリスタ」
「──っ」
 びくりと震えた肩へ手を伸ばした。
 二歩歩けばなくなる距離だ。
 その間を、自分から埋めたくない。
 怯えた顔を見せつけられて、その上自分から動くなど、さらに惨めさを感じるだけだ。だから手を伸ばして、相手を待った。
 クリスタの不安そうな視線が床と手を何度も往復する。どこかに逃げ場を探しているのか、部屋の壁にまで目をやり、けれど最後に覚悟を決めたように一歩踏み出した。
 相変わらず細い手がゆっくりと伸びてくる。
 もう一歩、クリスタが進み出たところで、ゲープハルトはその細い手を取り、勢いよく引き寄せた。
 結局は我慢できない自分に笑ってしまう。
「あ……っ」
 驚いた目が、腕の中から自分を見上げる。
 この姿を、本当はずっと見たかった。
 初めて腕に抱いたあのときから、ずっと見ていたかった。
 すでに自分の身体が興奮しているのはよくわかっているが、このまま押し倒してしまいたくはない。この顔を見ることを簡単にやめたくなかった。
 ゲープハルトを夢中にさせる茶色の目が、怯えながらもまっすぐにゲープハルトを射貫いている。
 逃げないようにクリスタの背中に回した手から、激しくなる彼女の心音を感じた。
 これは怯えか、喜びか、まだ判断がつかない。
 けれど滑らかそうな肌に耐えきれず、手のひらで頬に触れる。想像以上に柔らかな皮膚に、指先がもう離れたくないと何度も撫で続けた。
「…………」
 クリスタの目が何かを訴えるように揺れて、唇が少しだけ開く。そこから発せられる言葉を聞く前に、ゲープハルトの頭が傾いた。
 軽く触れただけの唇に、細い肩が揺れる。すぐに離れて見つめれば、その目に怯えがなくて心が弾んだ。
 身体はすでに熱く、すぐにでも先に進みたくて焦っているのに、心はもっと味わいたいと興奮を抑えつける。いや、興奮しきって、麻痺しているのかもしれない。
 もう一度顔を傾ければ、触れる直前にクリスタの瞼が落ちる。薄く開いた唇は、続きを待っているようで、ゲープハルトは深くそこに吸い付いた。
「……っん」
 苦しげな声が聞こえたのは一瞬で、何故だか甘く感じる口づけに夢中になって何度も貪った。
 唇を食むように重ねて、迷わず舌を潜り込ませる。クリスタの口腔の奥で震えている舌を見つけて、すぐに搦めとった。すべてを舐めたかった。できるなら食べてしまいたい。
 顔の角度を変えながら何度も深く口づけているうちに、腕の中で肩をすくめるようにしていたクリスタの手が、ゲープハルトの腕を握り締めている。それは抵抗というより必死にしがみ付いているようで、思わず笑みが浮かんだ。
「……ん」
 ゆっくり唇を離すと、開いたままの唇から吐息が零れる。ゲープハルトを見上げるクリスタの表情が変化していた。
 頬は薄く色づいて、綺麗な目は潤み、眩しそうにゲープハルトを見つめている。濡れた唇が自分のせいだと思うと堪らなくなって、もう一度唇を押し付けた。
「んっ」
 見下ろすそこにはもう怯えた顔はない。
 それだけでゲープハルトの心から苛立ちが消えた気がした。
 現金な自分がおかしくて、目を細める。
「……これが気に入ったのか?」
「……あ、の」
 そんな顔をして、嫌だったとは言わせない。
 一瞬で赤く染まった頬は、羞恥からだとはっきりわかる。表情は正直で、何故か本当のクリスタがここにいる気がした。
 この顔を見ると、今までの彼女が演技をしていたかにも思える。
「あの、私……っ」
 けれどそんなことなどどうでもよくなるほど、身体のほうは欲求を抑えきれなくなっていた。程よく柔らかい身体を軽々と抱き上げ、くるりと身をひるがえして大きな寝台に向かう。
「あ、え、えっ!?」
 クリスタが驚いたときには、彼女の背中は大きく柔らかな寝台に触れていた。
 その上から覆いかぶさり、有無を言わせずもう一度唇を塞ぐ。
「ん──……っ」
 先ほどよりも執拗に、舐めるように口づけを繰り返す。
 その間にも薄い夜着の上から細い身体をなぞる。
「んっん!」
 唇を塞がれている上に、身体をいじられていることに驚いているのか恥じらっているのか。うろたえる様子の彼女を押さえ込み、本能のままに貪った。

関連書籍



Search

キーワード

カテゴリ

キャラ

シチュエーション